Think
初めまして、設計業務を始めて、二十数年が経過しました。
建築設計を日々勉強し続けています。

わたくし、「大谷(オオタニ)直弘(ナオヒロ)」と申します。
少しだけ、あなたの家作りについて、夢を教えてくれませんか?
家を建てるという大きなプロジェクトに出くわした時に、最初に何を考えますか?
家のデザインを決めることは、本来、自分の似合う個性的な洋服や靴を選ぶこと以上に楽しいこ とではないでしょうか?
しかし、最近 家を建てた方のお話を聞くと「既製品なので自分の思い通りの間取りやデザイン にならなかった」とか、「予算が少ないので作りつけ家具や庭の工事をがまんした」とか、もっ とひどい話しは、「営業の人とは、何度か打合せをしたが、設計の人とは会ったことも、話しを したこともない」等、家を建てる事を楽しめなかった話しをよく耳にします。

それは、多額の広告宣伝費をレディメイドによる大量生産によりコストダウンするしかない住宅 メーカーではしかたないことです。これは私ども設計事務所としては残念な思いをする話しです。

しかし、設計事務所や建築士にも責任が無いと言えません。それは、住宅メーカーのように広告 宣伝費が行えないので、どの建築事務所や建築士に相談したら良いのか解らないことと、建築雑 誌などで難しいこと書いて、敷居を高くしてしまっているのではないかと言うことです。

もしも、自分だけのオーダーメイドで家を建てたいけれども、住宅メーカーの造る家では個性が 無くてつまらない!かと言って、設計事務所や建築士に頼めば設計料が高いのでは?又、値段の 高い住宅しか設計をしないのではなかと考えていませんか?

住宅メーカーの中には、「うちは設計料はサービスします。」と言うところがあります。 しかし、どんなメーカーでも現地調査・設計図書の作成、建築確認申請等を行う以上その経費は必ずどこかで支払うシステムになっているはずです。

 設計料に関しては、確かに、何を根拠に高いのか安いのかの判断は非常に難しい問題ではあると 思いますが、始めに設計料も含めたご予算を、提示をして頂き、後は二人三脚で納得するまで新 しい家の内容を打合せし、少しでも住み良い家となる様に楽しみながら充分に検討を重ねていき たいと思います。

 そのプロセスを納得され、これが適正だとご理解できた時点で、設計契約といったものを結びた いと思います。

いきなり設計契約を結ばないと設計してもらえないのでは?とか、ラフなプランニングで費用が 発生するのでは?と心配されますが、その時点では、費用は一切発生いたしませんので安心してお 気軽に遊びにきて欲しいと思います。

先ほども言いましたが、最終的には、納得され、これが適正だとご理解できた時点で本格的な設 計業務が始まりますので、その設計料に関しての心配は解決されるのではないのでしょうか。

 次に心配される点は、値段の高い住宅しか設計をしないのではなか?といった問題に関しては、 従来通りに、少なくとも3社以上の優良な工務店又は、建設会社に、競争入札を行い適正な工 事費にて施工していただける工事業者に基本的には発注を行いたいと思います。

 しかしながら、場合により何社かに、競争入札を行い施工金額を決定していましたが、考えてい る金額を大きく上回る場合が何度かありました。その場合、予算内に納めるために仕様を変更し、 夢かなえるのではなく、夢をつぶす作業を行ったこともありました。

 本来仕様変更をせずとも予算内で収まるものと予想していたものが、何故、納まらないのか?原 因は何処にあるのか?これがきっかけで本来設計事務所では、タブーとされていた、施工業務ま でを実験的に開始した結果、以外にも、設計していた作品が充分に予算内で納まることが、少し ずつですが判明しました。



原因


 ・設計事務所からの依頼との事で、かなりの安全費を確保していたこと。
 ・一物件に対しての、建築経費がかなり確保されていたこと。
 ・工事項目によっては、見積根拠がかなり不明解で余計な金額があったこと。

 といったように、私どもが想像していた以上に経費・予備費・安全費といったものが確保されていました。
 だからといって、そのような工務店が悪い業者だとは、決して思っていません。当然大小に関わ らず工務店規模での、人件費等私どもが想像している以上に当然必要なことなのかもしれません。 私どもは大規模な組織でないことからも係る経費も当然工務店程必要でないことからの建築工事 費の差額が発生しているものと自負しています。


この様な経験もさせて頂きました。もし、お望みであれば競争入札も当然行いながら、場合によ っては、私どもの協力業者とも一緒になって住宅建築費の適正な価格を算出していきたいと思います。

高額な商品をデスカウントショップのように、根拠のない値引での安くといったことを提供する といった事は不可能ですが、理想的な家の快適空間創造並びに、住宅建築費の適正な価格を、一 緒に追求して行ければ素晴らしい事ではないかと思っています。また、建築工事期間中は、建築 士の目で各工程を確認し、場合によっては、一緒に現場工事に参加出来れば、本当に素晴らしい のではないかと考えています。

本来、家とはそれぞれの住まい手や敷地の自然条件に会わせて造られるものです。
同じ間取り、同じデザイン、同じ仕上げなることは、あまり関心できるものとは思いません。
その人にとってすべてにカスタムフィットする!
そんなフリースタイルな家造りが本当に素晴らしい事だと思います。
また、その中に、参加出来ればうれしく思います。
Think